南千住小児歯科矯正歯科

南千住小児歯科矯正歯科

電話アイコン
MENU

年代別の歯のこと

Age

乳幼児の歯のこと

通常、生後6か月前後で乳歯が生えはじめます。生えたばかりのまだやわらかい乳歯は、虫歯菌が繁殖しやすい環境です。離乳食を食べたあとは湯冷ましを飲ませてきれいにし、指に巻いたガーゼでやさしく汚れを落としてあげましょう。お口の中に指を入れることに抵抗がなくなってきたら、歯ブラシに少しずつ慣れさせます。
この時に、口移しや親御さんが口をつけた食器から虫歯菌が感染することがあるので、できるだけ食器などは使い分けることをお勧めします。

上手にお口をゆすげるようになったら、歯みがきを自分でする習慣をつけてあげましょう。このころはまだ自分ではしっかりと磨けないので、親御山が仕上げの歯磨きをしてあげてください。 フッ素配合の歯みがきを使ったり、歯医者さんでの定期的なフッ素塗布がおすすめです。

小学生の歯のこと

小学生の初めごろになると、乳歯から永久歯への生えかわりがはじまります。
この生え変わりの時期は虫歯になりやすい傾向にあるので注意が必要です。 また、乳歯と永久歯が混在する「混合歯列期」という時期でもあり、歯の高さがまばらになるので、ブラッシングが難しく、お口の中に汚れが溜まりやすくなります。
低学年の頃もまだ手先の器用さに欠けるため、親御さんが仕上げに磨いてあげましょう。

中学生・高校生の歯のこと

部活動なども始まり、歯科検診を受ける機会が少なくなるので、虫歯をそのまま放置してしまうケースが増えがちな時期です。最近では若くして歯周病にかかってしまう中学生・高校生も増えていますので、注意しましょう。正しいケアの方法を身につけるためにも、定期的に歯科医院で検査を受けることをお勧めします。